岐阜県養老郡養老町にある美濃国・養老の酒蔵 玉泉堂酒造株式会社のホームページです

岐阜県養老郡養老町 美濃国・養老の酒蔵 玉泉堂酒造株式会社
”酒造好適米”と”食用米”の違い。その特性を見極める。
 日本酒は、”米”と”水”のエキス

酒造りに欠かせない”米”には、日本酒造り専用に育種された”酒造好適米”と、食べて美味しい”食用米”とがあります。
酒造好適米の代表は酒造家だれもが認める「山田錦」、一方、食用米としてはコシヒカリ等が挙げられるでしょう。
さて、その差はどこにあるのか。
それは、酒造好適米が酒造りに必要な種々の条件、タンパク含量が少ない、粘りけが少ない、大粒などの特徴をもっていることです。

岐阜県では、「ひだほまれ」という好適米を栽培しています。
大粒で若干柔らかい米質ですが、しつかりとした味のりする酒を醸します。
また、酒造家垂涎の「山田錦」は、シャープでキレの良い立体的な味わいを醸します。
何れにしろ、農家の方が丹精込めて作って頂いた米の特徴を100%引き出す努力こそ大切にしたいと思います。
ひだほまれ
ひだほまれ